不動産投資は立地がモノを言う

人気エリアの駅チカ物件を狙いましょう

不動産投資は、立地がすべてだと言われます。それはなぜでしょうか。まず賃貸需要を考えてみてください。多くの不動産投資家がまず選ぶのは、区分マンション、つまりワンルーム投資です。90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

 

ワンルームマンションに住む都心の住人がどんな人か考えてみましょう。車を持っておらず、通勤に電車を使っているような人ではないでしょうか。そんなワンルームマンションの借り手が、不動産を賃貸で借りるときにまず考えるのが、駅の場所や、駅からの距離ではないでしょうか。やはり駅チカ物件というのは人気が高いのです。不動産投資は、空室という大きなリスクがありますが、空室は立地でカバーできます。立地さえ良好なところを選んでおけば、空室ができてもすぐに物件は埋まります。
しかも、駅から近い物件は賃料も高く、長く住んでもらえるので、長年に渡って高収入を維持することができます。不動産投資を行うのであれば、長期で高収入が期待できる、人気エリアの駅チカ物件を選ぶべきでしょう。

 

立地が良いとほかにどんなメリットが?

どんな物件でもいつかは古くなります。

そこで、建物はリノベーションを行ったりフルリフォームを行ったりして、内装や外装を新しくすることができます。ですが、駅からの距離だけは動かすことができません。立地だけは、後から変えることができないのです。そのため、最初の物件の立地選びには非常に慎重になる必要があります。

 

特に都心部では価格が上昇中!

2020年の東京オリンピックが決定してから、特に湾岸地域を中心とした都心部の物件価格が上昇を続けています。

新築の需要は依然として高く、円安もあいまって、外国人投資家などが積極的に新築マンションそれもタワーマンションの最上階などを買っています。人手不足もあって人件費も高騰し、新築マンション価格は値上がっています。中古物件の相場は新築相場につられてあがるので、中古の物件価格も値上がっているのです。立地さえ良ければ、購入した物件を数年で手放して、売却益を得ることもできるのです。それもこれも、立地が良ければの話です。立地が悪ければ買い手がつかず、空室も続くリスクがあります。

満室にして高い収益や売却益を得るには、立地の良い物件を選ぶことが欠かせないのです。「不動産投資は立地が命」と言う格言があるのは、このためです。東京は人口も増加しているので、都心部は狙い目です。