贈与は現金と不動産のどちらが最適なのか

誰もがご存知の通り、現金を贈与すると贈与税が必要となります。贈与税は結構高いものですから、お金が減ってしまいます。そこで、注目されているのが不動産を活用する方法です。不動産には贈与税の負担を軽減できる良さを持っているので、贈与にもってこいです。贈与に不動産が用いられるのは、不動産自体がかなり簡単に買えるようになったのも一因でもあります。

0503d5112388284d5492930e761e6dca_s

 

 

現金と不動産には贈与税の違いがある
一番のメリットは、贈与税と相続税のデメリットを解決できる点です。現金の場合、一定の額を超えている時点で贈与税が発生し、相続税も当然発生します。大量に残っている場合、現金では多額の贈与税が発生することになるので、当然支払う金額も大きくなります。税金の問題は結構大きいもので、計算するととんでもない数字が適応されることもあるのです。
一方で不動産の場合、基礎控除として110万円に加えて配偶者控除も高くなっています。最大で2000万円まで使うことができますから、2110万円までは贈与税の発生がありません。支払う金額が大幅に減る可能性もありますので、控除が大きいことを考えると現金での贈与よりも不動産での贈与が重用されるのです。贈与でも多く利用されるのは、税金から逃れるためという理由もかなり多いのが特徴です。
不動産を使うことがメリットにはなりますが、そのまま持っていてもあまり得をしません。現金なら使いみちがあるものの、不動産は売らないことには現金になりません。ただ売却益は当然収入扱いとなり、またお金を払うことになります。もっと効率的という場合は、基本的に賃貸物件を贈与することが望ましいです。

 

賃貸物件なら受け取ってから利益になる
賃貸物件を贈与してもらい、不動産から収入を得られるなら、これは非常に簡単なものとなります。家賃収入が追加されますので、不動産で贈与税を支払わなくてもいいどころか、家賃収入の利益が後から入ってきます。つまり相続する時の問題点が起こりづらく、最大限に贈与できる方法となります。
賃貸物件にすると、とにかく多くのお金が出てくれますので、わからない方でも安心で、しかも残された物件が多くの利益につながります。しかも不動産なら、現金よりも価値が高いこともありますから、将来的な価値の高さに繋がることもあるのです。
賃貸物件を使って贈与税を回避し、贈与した不動産が利益を出してくれて、家賃収入で生活できるのはいいことです。最近不動産を利用されているのは、こうしたいいサイクルが作られるからです。