信用情報について気を付ける事とは?

「信用情報」とは、そもそもクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済や支払状況や利用残高などの取引事実を表す情報です。クレジットカードを利用したショッピングやローンを利用して自動車を購入するなどキャッシュレスで支払をすることが近年増加してきています。個人の信用をもってある期日までに支払いを行うという約束のもとに、商品やサービスを購入できることを信用取引といいます。

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

登録されているのはどのような情報か
個人信用情報機関に登録される主な情報としていくつかありますが、以下の情報があります。
1.個人情報
名前や生年月日などの基本情報など。
2.既存契約内容
クレジットカードやローンの契約内容、商品名、支払回数、極度額などの既存利用している情報など。
3.支払状況
過去の入金履歴情報、延滞情報、自己破産などに関する情報など。
4.借金残高
年間の請求予定金額や遅延があるかなど。

 

融資を受けるために必要なこと
1.借金残高
既存の借金残高がまずはポイントとなります。住宅ローンやマイカーローン、そしてクレジットカードの利用残高情報など、あらゆる金融機関(指定信用情報機関に加盟してるもの)からの借入金額がトータル的に審査されます。新たな借入が現在の収入に対して、厳しいと判断されると融資は難しいです。
2.支払の状況
借金残高に無理がないことが分かると、次は支払状況の確認が必要です。
過去の借金が滞りなく返済されているのかどうかが残っているため、信用情報には、滞納履歴があると、融資は厳しくなります。

 

延滞情報について注意するべき点
特に注意が必要なのは、多くの金融機関に共有されてしまう延滞の情報です。
その中で、携帯電話の支払いが意外と盲点になるのです。
携帯電話の通話料金を延滞した場合は、通常、個人信用情報ではないため登録の対象にはなりません。しかし、月々の携帯電話代を端末の購入代金と一緒に割賦で支払をしている場合、延滞情報が登録されてしまうことがあります。

個人信用情報機関に登録されている本人の情報は、本人に開示する制度があるため、不安な方は確認してみると良いと思います。